精力剤被害サーチ

実際に被害にあった方の声を掲載中!安全な精力剤も紹介しています!

  クラチャイダムゴールド  ヴィトックスα  で検索

商品数107件! 口コミ数108件!

エフェドラ

米国で一部の人たちに人気となった「エフェドラ」というダイエットに用いられるサプリメントが、多くの被害者を出してしまったため、全米初の販売禁止となってしまいました。

その販売禁止になってしまった深層を探りましたので、よかったら参考にどうぞ!

エフェドラが販売禁止になった理由

アメリカでは、年間1200万人から1700万人の人々がエフェドラが配合されたサプリメントを使用していたと言われ、サプリメントの副作用により多くの被害者を出してしまったことから、2003年12月30日にアメリカ政府から販売禁止の発表がありました。

ちなみにアメリカではエフェドラの被害で、100名を超える死亡例と多くの副作用報告がありました。

サプリメントは不足しがちな栄養素を補助する食品なのに、多くの被害を発生させてしまったことからエフェドラが配合されたサプリメントが残念に思います。

エフェドラで被害にあった事件を解説!

エフェドラはダイエット目的とした利用や、ボディビルダーが筋肉質な体を作るために利用するなど、基礎代謝を高くし体温や血圧などをわずかにあげて、エネルギー消費率を高めるサプリメントとして利用されてきました。

2003年2月16日にメジャーリーガーのスティーブ・ベクラーが愛用していたサプリメント「エフェドラ」によって命を落とすことになり、大きな社会問題となり波紋を広げることになりました。

解剖を担当した医師によると、血液中から多量のエフェドラが検出され、肝臓の機能が低下し高血圧を呈していたとのことで、死因は急性心不全、呼吸不全でした。

どうしてこのような被害が起きたのでしょうか。

被害事件からみるエフェドラの危険性について

エフェドラというのはハーブ系の薬品で、中国に自生するマオウ科のエフェドラ属に属する「シナマオウ」「アイマオウ」「キダチマオウ」などの地上茎を乾燥したものが、生薬「マオウ」と呼ばれ英名では「エフェドラハーブ」省力して「エフェドラ」と呼ばれています。

そんなエフェドラですが、主な有効成分はエフェドリンというアルカロイド類で、交感神経系の働きを高める作用をもつため、血管収縮や心拍数増加、血圧上昇など、体が活動している時や緊張している時、ストレスを感じている時に作用します。

副作用として、重度の皮膚反応、過敏性、神経質、めまい、震え、頭痛、不眠症、多量の汗、脱水、かゆみのある頭皮および皮膚、嘔吐などがあり、より深刻な副作用としては、不規則な心拍、発作、心臓発作、脳卒中が上げられます。

このエフェドリンに、血管収縮や心拍数増加、血圧上昇などの強い働きがあるため危険性があるみたいですね。

もしエフェドラを摂取するならどうすれば被害に合わないのか?

日本においてエフェドラやマオウの食品添加物としての使用は薬事法で禁止されています。

しかし、個人輸入などで購入することができるので、興味本位でエフェドラを購入する方もいるかと思います。

もしエフェドラを摂取するのなら、どうすれば被害に合わないのか調べてみたので、エフェドラの摂取を考えている方は参考にしてください。

まず、エフェドラは交感神経系の働きを高める作用が危険性があり、交感神経は体を活発に活動させる時に働く神経で、交感神経を興奮させる神経伝達物質としてアドレナリンやノンアドレナリンのような作用があります。

エフェドラを摂取して運動や興奮をしていないのに交感神経系が活発に活動するということは、運動などによる負荷を与えると血圧を上昇させ心拍数を増加させる危険性があります。

血圧の上昇や心拍数の増加は、突然死を起こすリスクがあるため、もしエフェドラを摂取した場合は運動などの負荷を与えずにゆったりと過ごしましょう。

そうすることで危険から逃れることができると思うので、エフェドラを摂取したら運動や興奮する行為は避けるようにしましょうね。

 この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます

...

精力サプリメント「參茸鹿鞭丸」を服用した50代男性が医療機関に入院

2017年4月25日、香港の衛生署がとあるサプリメントを購入・服用しないよう注意喚起する報道がありました。 サプリメントから医薬品成分検出 The Department of Health (DH) today (Apr…

続きを読む

 トップへ戻る
ランキング
精力剤ランキング