精力剤被害サーチ

実際に被害にあった方の声を掲載中!安全な精力剤も紹介しています!

  クラチャイダムゴールド  ヴィトックスα  で検索

商品数107件! 口コミ数108件!

バイアグラの副作用

バイアグラは勃起不全(ED)治療薬の中でもかなり知名度が高いですが、その副作用が非常に多く危険性が高いという事でも有名な商品です。
今回はバイアグラの副作用と危険性について詳しく解説していきます。

バイアグラの副作用の原因とは?

バイアグラの副作用には様々な要因は大きく分けて2つあります。

バイアグラに含まれる「シルデナフィル」の危険性

副作用の原因で最も多いのはバイアグラに含まれる「シルデナフィル」という勃起不全(ED)を改善する成分によるものです。

シルデナフィル
国内ではシルデナフィルのクエン酸塩が医薬品(販売名:バイアグラ錠)として承認されております。
なお、承認されているシルデナフィルクエン酸塩の適応と主な副作用は、次のとおりです。
適応 :勃起不全(ED)
副作用 :血管拡張、頭痛、動悸等
添付文書上の警告: 高血圧及び狭心症の薬である硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を下げることがあるのでご注意下さい。

シルデナフィルは体内の血管を拡張して血行を促進する作用があります。バイアグラは服用する事で身体の血行を良くすることで勃起不全(ED)を解消したり、勃起力を向上させる治療薬なのです。
しかし、人によっては体内の血行が良くなり過ぎてしまう事で逆に悪い影響を与えてしまう危険性があります。
シルデナフィルの影響による一般的な副作用は以下の通りです。

頭痛・めまい・目の充血
血行が促進され事により引き起こされます。バイアグラを服用する場合は殆ど起こるようです。
突発性難聴
バイアグラの影響は聴覚にも表れます。聴こえずらくなったり、耳鳴りがする事があります。
動悸
バイアグラを服用すると心拍数が早くなり動悸を感じることがあります。これも血管が拡張されることが原因です。
視覚異常
目のかすみや物の見え方に影響が出る場合があるようです。シルデナフィルが視覚から脳への情報伝達を阻害する為に起こるようです。酷い場合は失明する危険性もあります。

硝酸エステルと反応する事での副作用

狭心症や心筋梗塞の治療薬として使用される”ニトログリセリン”などの「硝酸エステル」を服用している方のバイアグラなどの勃起不全(ED)治療薬の服用は危険性が高いため禁止されています。
硝酸エステル自体は血圧を下げる治療薬ですが、バイアグラに含まれるシルデナフィルはニトログリセリンなどの硝酸エステルの血圧を下げ作用を過剰に増幅させてしますのです。その結果、身体に必要な血圧が足りなくなり最悪の場合、死に至ってしまう危険性もあります。

バイアグラの副作用を未然に防ぐポイント

バイアグラは正しく使用すれば勃起不全(ED)や勃起力アップを期待できます。バイアグラを服用する場合には副作用を未然に防ぐポイントをしっかりと押さえておくことが重要です。

バイアグラの禁忌事項を守る

バイアグラの服用を禁止されている方は以下の通りです。

  • 狭心症・心筋梗塞などの心臓に関する治療をしている方
  • 重度の肝機能障害者
  • 低血圧・高血圧の患者
  • 脳梗塞・脳出血などの脳に関する治療をしている方

この他にもバイアグラの服用を禁止されている病気や疾患は数多くありますので、使用前に事前に担当の医師へ相談する事をおすすめします。

個人輸入の偽バイアグラは危険性が高い

最近では個人で輸入した「偽バイアグラ」と呼ばれる治療薬も存在しています。偽バイアグラは’低価格’というメリットがありますが、その反面’安全性が保証されていない’という特徴があります。勃起不全(ED)の費用を抑えたいという気持ちは判りますが、安全性が保障されていない偽バイアグラを服用する危険性は非常に高いです。

2010年6月に、国内在住の40歳代男性が個人輸入した偽造品であるシアリス50mg錠(国内外で製造されていない規格)を服用後、数時間で痙攣、意識低下を生じ、医療機関に搬送された。脳の静脈に血栓があることが確認されたが、その後回復している。偽造医薬品と症状の因果関係は否定できない。
2010年1月に同医療機関に搬送され、間質性肺炎で死亡した患者宅から、偽造医薬品であるシアリス錠50mg等が発見されたことも判明している。なお、当該患者が偽造医薬品を実際に服用したかどうかは不明であるが、患者が所持していた偽造医薬品(シアリス錠50 mg、100mg、レビトラ錠 20 mg、ジフルカン 100mg)について、国立医薬品食品衛生研究所で分析した結果、いずれの偽造医薬品からも本来の有効成分ではない、他のED治療薬の有効成分であるシルデナフィルが検出された。

また、偽バイアグラのほとんどは「低価格だが服用しても効果は1/6以下」だと言われていますので、危険性が高く上に勃起不全(ED)を改善する効果は低いので偽バイアグラを使う理由は全くないと言ってよいでしょう。

バイアグラ(勃起不全(ED)治療薬)の危険性

バイアグラの副作用と危険性のまとめ

  1. バイアグラの副作用はシルデナフィルという成分が原因
  2. ニトログリセリンなどの「硝酸エステル」の含まれる治療薬を使用している方の服用は禁止
  3. バイアグラの禁忌事項を遵守する
  4. 偽バイアグラは勃起不全(ED)を改善する効果が低く、危険性が高いので服用しない

バイアグラは使い方によっては非常に危険性の高い薬になってしまうので服用に関しては充分注意しましょう。

 この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます

...

【教科書には載っていない】実際に起こった精力剤の副作用

2017/05/01 

ネット上で精力剤の副作用を調べてみると、どうも”起こる可能性がある副作用”の情報ばかりが目に入ります。 確かに、”起こる可能性がある副作用”を知っていれば、それらの副作用をすべて警戒しておけば大丈夫という話ですよね。 し…

続きを読む

 トップへ戻る
ランキング
精力剤ランキング