精力剤被害サーチ

実際に被害にあった方の声を掲載中!安全な精力剤も紹介しています!

  マキシリン  クラチャイダムゴールド  で検索

商品数110件! 口コミ数108件!

とっくりセーターを頭まで被った男性

精力剤を飲んでいる人の中にも包茎に悩んでいる人は多いと思います。

日本人の包茎嫌悪は世界的に見ても、目を見張るものがあります。

「何故、日本人が包茎を絶対悪のように嫌悪しているのか?」

「精力剤で包茎を改善することができるのか?」

気になったので調べてみました。

日本人が包茎を嫌いになった日

日本人がなぜこんなに包茎に嫌悪感を抱くようになったのか疑問に思いませんか?

日本人と包茎のターニングポイントとなる日があるはずです。

まずはそのターニングポイントについて調べてみました。

すると、一人の男の存在が日本人と包茎の間に大きな壁を築く理由を作ったことが判明。

その男とは、「高須クリニック」の高須克弥院長です。

高須院長学生時代にドイツに留学した際に、海外の人達のペニスがかぶっていないのに対して、日本人のペニスは包茎が多いということに気づく。

そして、日本には割礼の風習がないことが包茎が多い原因であることを突き止める。

この時に包茎治療をビジネスとして確立することができたら、莫大な利益を生み出せるんじゃないかと考えるに至ったとのこと。

そして、日本に戻り大学を卒業後に形成外科医を経て、美容整形外科医に転身。

「包茎だと男じゃない」という強烈なキャッチコピーを使用した包茎手術の広告を出したことによって、今まで包茎を気にしたことがなかった日本中が包茎に注目するようになりました。

これが日本人の包茎嫌悪の始まりです。

高須院長の先見性の高さと目の付け所の良さは、商売人として非常に優れていますね。

でも、高須院長曰く1日に300人の包茎手術を行ったこともあって、レーザーメスで皮膚を焼き切るため、部屋中に煙が立ち込めることもあったそうで、これだけ聞くと高須院長が悪魔のようにも思えますね。

この包茎広告によって、日本中の包茎男性が高須院長に愛憎入り混じった感情を抱くようになるのです。

精力剤が包茎男性の救世主になりうるか?

包茎に悩む男性は未だに多くて、世間の包茎手術に対する偏見も減りつつあるため手術を受ける方も増えています。

それでも、陰茎にメスを入れることに抵抗を感じるため手術を受けずにいる人も多いのが現状です。

そんな悩める包茎男性達が精力剤を飲むことによって、包茎を解消することはできるのでしょうか。

精力剤を飲んだらすぐにペニスの皮がむけるような直接的な効果はありません。

あくまでも精力剤は勃起しやすい状態に導くものです。

先に言っておくと、真性包茎とカントン包茎の方は精力剤で包茎を改善することは不可能なので、勃起状態で痛みを伴う方は速やかに手術を受けましょう。

しかし、軽度の仮性包茎の方はペニスが勃起状態になることで皮がむきやすくなる場合もあるので、この場合は精力剤が包茎解消に一役買ってくれることもあります。

皮をむきやすくなることでむき癖がついて、平常時でもむけた状態を保てるようになるかもしれません。

以上のことから、精力剤はすべての包茎男性の救世主になることはできないが、包茎に悩む一部の男性の手助けをすることはできるので、軽度の包茎の方は精力剤を飲んでみるのもいいかもしれませんね。

包茎が見直されつつある現代

包茎についていろいろ語ってきましたが、現状の包茎男性に対する社会の目は冷たいです。

包茎男性に対するイメージとして、「ダサい、臭い、不潔、みっともない、醜い」と散々なものです。

恐るべし高須院長、恐るべしメディアの力。

ここまでイメージが悪いと包茎が、まるで呪いのようにも思えますね。

しかし、そんな呪われた十字架を背負って生まれてきた包茎男性達に一筋の光明が差し込んでいるのを知っているだろうか?

2016年に世界的に割礼は虐待的性器切断と同等だ」という意見が広まり、割礼反対運動が起こったことで、包茎を「ナチュラルペニス」と呼んで、包茎ペニスに対する偏見が薄まりつつあります。

この割礼反対を表明する動きは、ハリウッドスターや海外のアーティスト普及して、ラッセル・クロウ、キャメロン・ディアス、ビリー・ジョエルといったビッグネームの名前が並びます。

もちろん日本でも、メディアでこの一連の報道がなされたことで、包茎に対するイメージが変わりつつあります。

包茎男性も悩んでばかりいないで、自分のペニスに自信をもって積極的にSEXを楽しみましょう。

その際は、精力剤を飲むことをオススメします。

 この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます

...

精力剤の個人輸入はリスクが高いどころではない!命に関わるお話です

このサイトを訪れた方の中には、個人輸入で精力剤を購入したことがある方、購入しようと思っている方が多いでしょう。 一般的に海外の精力剤を輸入する場合、国(厚生労働省)の許可が必要となりますが、これを”個人”で輸入して自分で…

続きを読む

 トップへ戻る
ランキング
精力剤ランキング