精力剤被害サーチ

実際に被害にあった方の声を掲載中!安全な精力剤も紹介しています!

  クラチャイダムゴールド  ヴィトックスα  で検索

商品数107件! 口コミ数108件!

いろいろな精力サプリメント

このページは、”精力剤とは何か”についてウィキペディアよりも詳しく解説しているページです。

精力剤とは…、”明確な定義は存在しない”

まず精力剤とは何かを説明する前に、ウィキペディアで解説されている精力剤を引用しておきます。

精力剤(せいりょくざい)とは、主に更年期以降における男性を対象とした、性機能増強のための薬剤及び一般食品の俗称。大きく分けて医薬品に類されるものと、それ以外の食品(サプリメント、健康食品や清涼飲料水など)がある。女性を対象としたものもあるが、ここでは特別な場合を除き、とりわけ更年期以降の男性を対象とした精力剤について言及するものとする。

ウィキペディアではこのように紹介されていますが、精力剤とはもっと曖昧なもので、明確な定義は存在しません。

国や地域によって様々です。

また精力剤は、一般的には更年期以降における男性を対象とした精力剤に限定されるものでもありません。

実際は若者から年配の方まで、幅広い年齢層で利用されています。

ちなみにアメリカでは、精力剤と媚薬は同義で「Aphrodisiac」という1つの単語で表現されますが、日本では精力剤は男性向け、媚薬は女性向けとしてそれぞれ区別されているのが特徴的です。

さて、精力剤と聞いてほとんどの方が「精力を向上させる薬」と考えるでしょう。

それは正解でもあり、間違いでもあります。

その精力剤とは何ですか?

一般的に言われている精力剤には様々なものが含まれています。

「精力剤=精力を向上させる薬」として話を進めると、精力剤そのものにいくつか種類がありますし、みなさんが言う”薬”にも様々な分類があります。

例えばひとえに「動物」と言っても、「その動物は何ですか?ライオンですか?ネコ科の何属ですか?」

動物ほど分類は多くないですが、精力剤も同じです。

その精力剤は何ですか?勃起力を高めるものですか?医薬品ですか?それとも健康食品ですか?

”精力剤”は主に3つに分けられる

前置きが長くなりましたが、精力剤とは何か詳しく説明していきます。

まず、精力剤は主に「強精剤」「強壮剤」「勃起薬」の3つに分けられます。

強精剤

強精剤とは、男性ホルモンを直接体内に取り入れて精力(性欲)や勃起を促進するための薬で、「性ホルモン剤」とも呼ばれています。

健康被害や性機能に関わる疾患により勃起維持が困難になってしまった場合や、性ホルモンを体内で生成できなくなってしまった場合に、専門機関やクリニックで処方されるのが一般的です。

しかし、現在では通販による個人輸入や個人輸入代行の通販サイトが普及したことにより手軽に入手することが可能です。

(※当サイトは精力剤の個人輸入、個人輸入代行業者を介しての入手を推奨しておりません。)

医師の診察と処方が必要なことから分かるように、強精剤は医療用の医薬品成分を含んでいるため、個人輸入の強精剤を使用したことにより重大な副作用が発生したケースも報告されています。

ちなみに、強精剤には「塗り薬タイプ」と「飲み薬タイプ」があります。

強壮剤

”リゲイン”や”リポビタンD”などのエナジードリンクや”まむしドリンク”は強壮剤に含まれます。

精力剤の中で最も多くの種類が出ているのが「強壮剤」と呼ばれる種類で、上に挙げた3つの例からも分かるように最もポピュラーな精力剤といえるでしょう。

強壮剤以外の2種類は性行為の際に特化して精力増強の効果を発揮します。

なぜ強壮剤が他の2種類の精力剤と比べて人気なのかというと、強壮剤は性行為に限定せず日常生活の中で摂取して、疲労回復や体力増進を補うことを目的としている場合が多いからでしょう。

また、ドリンクタイプの滋養強壮ドリンクはコンビニなどでも販売されているため、最も手軽に入手できる精力剤です。

勃起薬

勃起薬は近年よく問題視されている、若年層のEDの増加解消にもつながる精力剤だといえるでしょう。

名前からも分かるように、勃起薬は勃起力や勃起の持続時間などをサポートするもので、中には勃起中枢神経に直接働きかけて強制的に勃起状態を維持する医薬品もあります。

例を挙げるなら「バイアグラ」が最も有名ですね。

興奮するしないに関係なく、服用して即効で勃起するのですが、降血圧剤などのニトロ系の薬を服用している人が飲むと血圧が急激に下がってしまい、ショック死する恐れがあるため注意が必要です。

また、勃起状態を維持する効果は抜群ですが、その分1錠あたりの費用がおよそ1500円程度するので非常に高価で、日常的に使用するには不向きです。

精力剤における”薬”は主に2つに分けられる

精力剤そのものは大まかに「強精剤」「強壮剤」「勃起薬」の3つがありますが、その中でもさらに”薬”として「医薬品」と「健康食品(サプリメント)」の2つに分類することができます。

医薬品とは、病院で医師が処方する薬や、薬局やドラッグストアで市販されている薬のことです。

配合されている有効成分の効果が認められており、病気の治療や予防に使われる薬を指します。

医薬品には有効成分が入っているため、使う場合には摂取量や飲み方を守らないと、最悪の場合命に係わる健康被害や副作用を発症する恐れもあります。

それに対して健康食品とは、ビタミンなどの栄養素や動植物系の抽出物を成分として摂取するサプリメントや食品のことを指します。

強精剤と勃起薬に分類されるものは、だいたい医薬品に該当するものが多いです。

【おまけ】日本における精力剤の昔話

精力剤は人類が繁栄する為に生み出された「知恵の結晶」だというのは知っていますか?

世界的に最古の精力剤とされているのは、古代エジプト時代における「ニンニク」だといわれています。

紀元前の時代から精力増強のために使用されていたものを現代でも使用しているのって凄いですよね。

中国でも紀元前の頃から精力剤として漢方が使用されています。そして、中国との交流によって日本にも漢方が伝わったとされています。

漢方が伝わってきたことによって、日本でも精力をつけるための食材の種類が急激に増えていきました。

日本でも、江戸時代初期から本格的に精力剤の製造・販売が始まり、徳川家康が精力増強のためにオットセイの陰茎や睾丸を食べていたという話は、日本の精力剤の歴史を語るうえでは欠かせないものです。

江戸時代は現代よりも性に寛容だったため、精力剤や肥後芋茎のような性具、春画、吉原といった性風俗店の形態などを数多く生み出しています。

こうした江尾時代の遺産が、現代日本人の性に対する想像力の豊かさと、過剰ともいえる性への執着、現代のバリエーション豊かな性の原点ともいえるでしょう。

江戸時代に入るまでは、精力剤は子孫繁栄を目的として使用されてきたため、現代のように性行為を楽しむためといった目的で使用されることは少なかったようです。

現代に生まれた我々は、先人たちの知恵に感謝しつつ、精力剤を飲んで性行為を楽しみましょう。

今の日本は出生率の低さも社会問題になっているので、本来の目的の子孫繁栄のためにも精力剤が見直されるかもしれませんね。

 この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます

...

精力剤で包茎を改善できるのか?

2017/04/20 

精力剤を飲んでいる人の中にも包茎に悩んでいる人は多いと思います。 日本人の包茎嫌悪は世界的に見ても、目を見張るものがあります。 「何故、日本人が包茎を絶対悪のように嫌悪しているのか?」 「精力剤で包茎を改善することができ…

続きを読む

 トップへ戻る
ランキング
精力剤ランキング