精力剤被害サーチ

実際に被害にあった方の声を掲載中!安全な精力剤も紹介しています!

  クラチャイダムゴールド  ヴィトックスα  で検索

商品数95件! 口コミ数108件!

シアリスの密輸・混入事件からわかる精力剤とお金の関係性

バイアグラと同じく有名な精力剤として「シアリス」があり、シアリスもバイアグラと同様、日本ではED治療薬として処方されています。

シアリスは精力剤としての効果がバイアグラよりも持続し、食事の影響も受けず、比較的に副作用も起こりにくい精力剤として世界的に見ても愛用している方が多いことでしょう。

そんなシアリスですが、調べてみるとやはり被害や事件のニュースが多く報道されているようです。

シアリスは密輸と健康食品への混入が多い

死亡・重体事件の多いバイアグラと比べ、シアリスで死亡した例は見つからず、その分密輸事件や混入事件が多いようです。

前日、中国を発つ前に、ある朝鮮族男性から韓国に持っていくよう頼まれた荷物が気になったからだ。イさんが持ってきたのは中国産・ミルク砂糖入りのインタスタントコーヒースティック90包だった。仁川税関は中央関税分析所に精密な分析を依頼した。1週間後に出てきた分析の結果は、意外にも「ぼっ起障害(ED)治療薬」の成分が入っているコーヒーということだった。

それぞれの袋(1袋15グラム入り)から、ED治療薬のシアリス(Cialis)の主成分であるタダラフィル(tadalafil)が94.1ミリグラムずつ検出された。シアリス一粒には、製品別に、タダラフィルが5ミリグラム、10ミリグラム、20ミリグラムが含まれている。

この事件は、コーヒーにシアリスを混入させ密輸しようとしたとても興味深い事件です。

単純に韓国に取引相手がいたのか、それとも自然にシリアス入りコーヒーが販売されることを望んでいたのかはわかりませんが、お金儲けが目的なのは確かですね。

どちらにしても、コーヒーにシリアスが入っていることを知らずに飲んでしまったらと考えると恐ろしいです。

次に紹介する事件は、シアリスの主成分であるタダラフィルを他の成分と混ぜ合わせ、偽精力剤を製造した事件です。

イ容疑者らは中国から密輸した勃起不全治療剤シアリスの主成分「タダラフィル」をサンシュユ・クコなどと配合しながら「必立錠」などの精力剤を製造し、1箱30万ウォンずつ計1750箱を販売し、5億2500万ウォンを不当に稼いだ。

5億2500万ウォンということは、日本円でおよそ5,243万7,076円(2016/03/31時点)です。

シアリスを密輸からの偽精力剤製造なので、明らかな違法行為ですよね。

実は、これらシアリスの事件を調べてみると、面白いことがわかるのです。

シアリスは売りやすいし買われやすい

これらの事件からわかるのは、シアリスは売りやすいし買われやすいということです。

なぜでしょうか?

それは、シアリスの特徴を考えると見えてきます。

まずシアリスは、バイアグラやレビトラなどの他の精力剤と比べても副作用が起こる可能性は低く、実際にシアリスを服用して死亡したという例も聞いたことがありません。

そして何よりも、シアリスは他の精力剤と比べて即効性は劣るものの、効果の持続時間が長く、利用者にとっては使い勝手が良いのです。

そのためか、シアリスは密輸したり、他の飲料や精力剤に混ぜて販売すれば、自ずとシアリスを利用したい人が購入し、儲けやすいということなのです。

シアリスにも、他の精力剤にも注意は必要

他の精力剤も同様ですが、シアリスは本来病院や専門機関で正しく処方され購入するものであり、通販サイトなどで簡単に入手できるものには注意が必要です。

また、飲料や健康食品に混入しているとは知らずにシアリスを服用してしまったなんてことにならないよう、少しでも怪しいと思ったら疑いましょう。

このような事件に巻き込まれないよう、事件と知ってて手を出さないように注意してください。

 この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます

...

「精力剤にこんなものが…!?」精力剤に使われている原料が判明した事件

2017/04/05 

精力剤って、実はバイアグラやレビトラ、シアリスなどの有名な精力剤の他にも山ほど製造・販売されています。 有名な精力剤はそのほとんどが医薬品に分類されていますが、それ以外の無名な精力剤は、医薬品成分を含んでいるにも関わらず…

続きを読む

 トップへ戻る
ランキング
精力剤人気ランキング