精力剤被害サーチ

実際に被害にあった方の声を掲載中!安全な精力剤も紹介しています!

  クラチャイダムゴールド  ヴィトックスα  で検索

商品数107件! 口コミ数108件!

「精力剤にこんなものが…!?」精力剤に使われている原料が判明した事件

精力剤って、実はバイアグラやレビトラ、シアリスなどの有名な精力剤の他にも山ほど製造・販売されています。

有名な精力剤はそのほとんどが医薬品に分類されていますが、それ以外の無名な精力剤は、医薬品成分を含んでいるにも関わらず健康食品として販売されていたり、まったく効果のない、服用する意味さえない成分が配合されていたりと、もうめちゃくちゃです。

そういったいくつもの精力剤の中には、思いもよらぬ原料が使われていたり、原料そのものが問題や事件になったりと、有名な精力剤では考えられない事件や被害が多発しているのです。

精力剤に思わぬ原料が使われていたことが判明した事件

有名な精力剤はしっかりとした企業で製造されていますが、中には不衛生な場所であったり、思わぬ原料を使用して製造されているものもあります。

「え…、精力剤にこんなものが入ってるの…?」と思ってしまう精力剤の原料が判明した事件を紹介していきます。

遺骨が精力剤の原料に…

 西ベンガル州は近年、盗掘がはびこるとともに、違法な遺骨取引の中心地となっており、毎年多数の人骨がネパールや中国、バングラデシュなどに密輸されているという。

 またしばしば米国や日本、欧州や中東といった地域にも密輸され、医科大学などにおいて標本として使用されている。中国に送られたものは精力剤の原料として使用されたり、インド国内では黒魔術やヒンズー教の儀式に用いられたりすることもある。

純粋に驚きなのは、遺骨が精力剤の原料として使われているという事実ですよね。

遺骨が精力剤の素材として効果があるのかは定かではありませんが、これはモラルの問題でもあるかと。

製造する側にも問題があるかもしれませんし、普通なら遺骨が入った精力剤と聞くと抵抗がある方がほとんどでしょう。

中国に限らず、怪しい販売元から販売されている精力剤には手を出さないのが吉ですね。

精力剤としてコブラを密輸

【11月16日 AFP】タイ税関は14日、南部プラチュワップキーリーカン県(Prachuap Khiri Khan)の国境検問所で密輸目的とみられるコブラ数百匹を押収したと発表した。検問所を通過するトラックが積んでいた木箱から、野生のコブラが見つかったという。押収したコブラは600匹程度とみられる。

 漢方薬ではコブラの血や肉は精力剤として高価格で取引されている。押収されたコブラも漢方薬向けにタイ国内を経由して近隣国へ密輸しようとしていたものとみられ、価格は1万6300ドル(約130万円)相当だという。

コブラと言えば、中国やベトナムではコブラ酒や蛇酒が有名ですよね。

コブラは古くから滋養強壮の効果が期待できるとして漢方薬としても利用されてきたので、精力剤の原料として使われているのは納得です。

しかし、タイはベトナムの隣国であり、問題なのは野生のコブラを密猟・密輸したことなのでしょう。

ただ、有名な精力剤でもコブラを使用しているものはあまり聞きませんよね。

というのも、滋養強壮に効果がある”かもしれない”というコブラに比べれば、シルデナフィル(バイアグラ)やタダラフィル(シアリス)のような科学的に効果が証明されている原料の方が確実ですから。

サイまでもが精力剤の原料に

 欧州ではここ数か月間、サイの頭骨が盗まれる事件が頻発している。3月にはフランス・ルーアン(Rouen)、6月にはベルギー・リエージュ(Liege)、前週には同国の首都ブリュッセル(Brussels)で、盗難事件が発生した。

 サイの角は、媚薬効果があると信じられている中国で珍重されている。一連の盗難事件の背景には、密売の横行があると考えられている。(c)AFP

引用にある通りサイは媚薬の原料として珍重されていますが、実は精力剤の原料としても使用されています。

この事件は盗難ですが、野生のサイの密猟・密輸も相次いでおり、とくに野生のサイが多く生息する南アフリカでは社会問題にまでなっているほどです。

しかし実は、サイの角には媚薬効果も、精力剤のような効果も一切ありません。

というのも、サイの角はおもに「ケラチン」という成分でできているからです。これは人間の髪や爪と同じですから、人間の髪や爪を精力剤の原料として使用しているの同じなのです。

媚薬や精力剤のような効果はないのに、ましてやたんぱく質であるケラチンを精力剤に配合するためにサイが密猟されていることを考えると、なんて無意味なことをしているのかと、呆れますし腹も立ちます…。

「精力剤になる」「媚薬にもなる」というだけでお金になるからでしょうね…。精力剤が絡むとろくな話がありません。

文明は進化していても、この点に関して言えばいつまでたっても原始的です…。

悪質な精力剤の中にはこのように、遺骨のようなとんでも素材や、コブラやサイの角のような無意味な原料が使われているのはよくあることです。

ここで言えるのは、精力剤は怪しい販売元から購入しないこと、精力剤の原材料はよく確認してから購入することです。

何に効果があって、何に効果がないのかも知識として知っておくべきです。

カエルを精力剤として飲む(食べる)ことが問題になった事件

実際にカエルが精力剤の原料として使用されていたわけではありませんが、あるスポーツ選手がカエルのエキスを精力剤のように飲んでいるということが問題になった事件を最後に紹介しておきます。

環境団体は「子どもの頃にカエルのエキスを滋養強壮のために飲んだという朴選手のエピソードがメディアを通して伝えられた後、全国的にカエルの需要が急増した。この過程で地元のカエルが高値で流通する現象が生じた」とし「朴選手がカエルの保護に乗り出せば、カエルを精力剤のように食べる誤った認識を正せるはず」と述べた。

カエルのエキスを精力剤として飲むこと自体驚きですが、この事件で問題なのは、有名人の拡声器パワーによりカエルの需要が高まり、カエルが絶滅の危機に追い込まれようとしたことです。

しかし実は、カエルが滋養強壮に良いとして料理や飲み物に利用している国はけっこうあるのです。

もちろん、カエルに精力剤のような効果があるなんて科学的な証拠はありません。発見すればノーベル賞ものです。

個人的にはカエルエキスの精力剤と聞くと抵抗しかないのですが、このようにカエルを精力剤の原料として使用しているものも、実はどこかで販売されているのかもしれません。

精力剤にはわけもわからない原料が使われているかもしれない

遺骨、コブラ、サイの角、カエルなど、精力剤の中には日本人にとって思いもよらぬ原料が使われているものもあります。

とくに滋養強壮に良いとされている植物や動物、魚類などは精力剤の原料として高値で取引されたり、密猟・密輸が相次いで事件や問題になっています。

正直、そういった精力剤にはろくなものがありません。

精力剤を購入したいのであれば、病院や専門機関で処方される有名な精力剤を選ぶべきでしょう。

 この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます

...

偽バイアグラが大量に出回っている事実と事件の真相

2017/03/28 

世界中で摘発が絶えない”偽バイアグラ”。 バイアグラはそれほどに人を惹きつけ、お金にもなる精力剤です。 そんな偽バイアグラに関する事件を集め、まとめてみました。 摘発しても製造され続ける偽バイアグラ WHO(世界保健機関…

続きを読む

 トップへ戻る
ランキング
精力剤ランキング