精力剤被害サーチ

実際に被害にあった方の声を掲載中!安全な精力剤も紹介しています!

  クラチャイダムゴールド  ヴィトックスα  で検索

商品数107件! 口コミ数108件!

シジミ

オルニチンとは聞きなれない名前だと思いますが、日常的に口にする食材にも微量ながら含まれており、精力剤にも使用されることが多い成分です。

主に疲労回復や二日酔い改善に役立つと言われていますが、実際にどんな効果があるのか具体的に調べてみたので、オルニチンのことが知りたい方は参考にしてください。

オルニチンについて

オルニチンは、L-アルギニンおよびL-シトルリンと並んで、尿素回路に関与する3つのアミノ酸の1つです。

このオルニチンが補充され肝臓にたどり着くと、尿素回路といったアンモニアから尿素を生成する代謝回路に働きかけ、上昇したアンモニアレベルを減少させる役割をいたします。

オルニチンは、さまざまな食材に含まれており、とくに「シジミ」に多く含まれることが知られています。

オルニチンの効果

体内にオルニチンが補充されることで、尿素回路が活発になりアンモニアの分解を促進します。

尿素回路は肝細胞内にあり、オルニチンサイクルとも呼ばれていて、尿素を合成する代謝回路です。

アミノ酸の代謝や激しい運動で生じる有毒なアンモニアが肝臓中のオルニチンと反応し、無毒な尿素に変換させます。

アンモニアはTCAサイクルを阻害させる働きがあり、TCAサイクルがスムーズになると活動に必要なエネルギーの産生させることができます。

つまり、オルニチンはエネルギー産生の障害となるアンモニアの分解を促進させ、エネルギー産生に役立ちカラダの活動を良くしてくれるのです。

また、アルコールを摂取すると「NADH」という物質が増加し、脳のエネルギーである糖とケトン体の産生を妨げます。

尿素回路を活性化するとNADHを消費し、糖とケトン体の産生を阻害する要因を取り除くことが考えられます。これにより、二日酔い改善の効果に役立つと考えられます。

オルニチンは尿素回路の働きを活発にすることで、ミトコンドリアの働きを助け、肝臓全体の機能を保つことができると考えられるので、肝臓疲労や疲労回復を促進する効果が考えられます。

オルニチンの副作用

オルニチンを含有しているサプリメントや精力剤がありますが、実際にオルニチンを含む食品による副作用の報告はありません。

しかし、過剰摂取してしまうと消化管に負担がかかり、消火器が弱い方や胃腸の調子が悪い方は、下痢や胃痛などの副作用を起こす可能性があります。

また、妊娠中・授乳中の方や持病がありお薬を副作用している方は、オルニチンとの相互作用でカラダに害を与える可能性があるため、服用する前に医師に相談するようにしましょう。

 この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます

...

マカの効果と副作用

2017/03/29 

マカというと中年男性が滋養強壮のために摂取しているイメージがありませんか?確かにマカは、精力剤のメイン成分として含まれることの多い素材で、男性のみならず女性の性機能にも嬉しい効能をもっているスーパーフードです。 しかし、…

続きを読む

 トップへ戻る
ランキング
精力剤ランキング